忍者ブログ

ありがとうのパン 2

パンを焼くのが趣味です。スイーツを焼くのも好き。とにかく膨らむものが好きです。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

またこけ印を無水ちゃんで焼く・これは!!

昨日アップしたくろこげこけ印、なんか知らないけどおいしかったんですよ。
クラムはもしかしてオーブンで焼いたのよりもふんわりしてたかも。
クラストは、真っ黒にこげたところはだめだけど、こげる直前みたいなところのクラストは意外に薄くて、なんだか甘い香り?までしてきて、なかなかおいしかったです。
格好は悪いけど、家庭で手軽に焼くという気持ちで作るなら、クープがどうだろうが多少焦げようが、関係ないんじゃないの?って思いました。

本当に、そう思ってんのか???

実は思ってはいなかったようです^^;
やはり納得行かない。

それで、酵母はまだ育っていなかったので、イーストで生地を作って焼いてみました。

ここにイーストバージョンが載ってるよ。でも今回は具なしね。粉はモナミにしました。

かねてから問題になっているのは焼きです。焦がさないように、でも中までしっかりと。いい具合の火加減や、鍋とパンの底との距離感をつかみたい。

余熱は強火でガンガン。5分ぐらいかな。煙出るほどではありませんでしたが。

鍋と生地との間の距離、それから火加減に気をつけてみました。
ちょっと伝えにくいんだけど、まず、今回は鍋の蓋の上に、新しく買ってきた、足がついてる蒸し板を敷き、その上にティッシュの箱を丸く切ったやつを乗せ、さらに足がついていない蒸し板(というか正式には落とし蓋)を載せて、その上にオーブンペーパーに載せた生地を乗っけて焼きました。つまり、金属の板でティッシュの箱を挟んだの。それから、蒸し板と落し蓋はびみょ~にでこぼこしたところがあるので、密着しないように、つまりわずかながらでしょうけど、隙間が開くように敷いてみました。あまり意味はないかな。

火は、前回よりは弱めです。え~~っと、うちのガスコンロで言うと、弱火と強火の間で、ちょこっとひっかるところがあるから、そこにしました・・・って通じる?火加減をするつまみを動かすと、途中でひっかるとこ、ありません?・・・こんな話は、みなさんには参考にならんと思います、それぞれのガス台の火力って違うでしょ。ちなみにうちのは、数年前にホームセンターで買ってきた安いやつです。火力はとくに強くはないです。

さて、焼き始めから14分ほど経ったころに中を覗いたら、すごくいい具合に色づき、またクープもきれいに開いていたので、安心して蓋をしてさらに15分。
ところが、焼き上げてみると、やはり底がこげちゃってた。全体の色づきも、だいぶ濃い目です。

P1100398.JPG上の姿はこう。










P1100409.JPG中はこうでした。

外麦で作ったので、ハルユタカのときとはちょっと違った風味。







今回は非公開だった底を公開しちゃいます。
P1100406.JPGまぁ~~っくろ(汗
すみません。
底じゃなく、脇(画像では手前)にたにたくさんクラックが入ってるの、見えますか?このあたりがなんかシランけどとってもおいしいの!香りがかぐわしぃ~~~♪オーブンで焼くと、こうはならなかったなぁ。


相変わらず焦げちゃったけど、火加減について今回わかったことがあります。
それは、とりあえず、パンの下に敷くものはこれでよし。
ただし、途中15分ほど経過したころに火を弱めてよし。
途中で中を見て、火加減を決めればいいんだわ。

次回はそうしよう。

鍋焼きを伝授してくれたみわさんも、火加減は試行錯誤しなきゃとおっしゃっていました。もちろん、私もまだまだです。でもさ、少しずつ前進してるように思えます。おめでたい私(^o^)丿

それから、ボール紙はやはり火事寸前です(汗
P1100393.JPGこれ、火が消えてから撮影したんだけど、焼き上げた直後は、ボール紙の端に火がついてました。リトル火事^^;


ちょっとだけ近況。
先週から、礼拝で賛美歌を歌うとき、1曲終わるまで全部立っていられます。
ょっと我慢しているような状態ではあるものの、今回も同様にできました。

ろくに仕事も家事もせずだらだらしていた日々が長いわけですから、副作用云々ということだけじゃなく、筋力が落ちているんだろうと思います。
今日は精神科受診ですので、心身の状態を報告しつつ、今後について相談したいと思っています。
PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

無題

こけっこさんは今頃病院で美味しいコーヒーでも飲んでるのかしら?

それともご相談中かな~。
パン、底が残念ですね~。
今日、こけっこさんレシピで酵母パン焼いたよ。いいね~。この味、食感いいよいいよ。ありがとう。気にいりました^^。
  • from minori :
  • URL :
  • 2010/04/26 (12:26) :
  • Edit :
  • Res

Re:無題

>こけっこさんは今頃病院で美味しいコーヒーでも飲んでるのかしら?

地王国していただいた頃には、コーヒーも飲み終わり、診察も終わって車に乗ってたかな~。やっぱりどこにいってもコーヒーですね☆

>それともご相談中かな~。

相談はね、また2週間欠勤することにあんりました。そろそろ復帰できるかと思っていたんだけど、「ステロイドって言うのはオソロシイ薬なんだぞ、まだまだ!」と言われてしまいました。
考えてみると、一番辛かった2月に欠勤していたら、こんなに長引かなかったのかなぁ。それでも結局、いままでかかってしまったのかなぁ。わかんないです。

>パン、底が残念ですね~。

真っ黒でしょ(汗
恥ずかしいこの底をお見せしたのは、自分への戒め。次回は途中で火を弱めろ!と自分にいいきかせるためかもです。

>今日、こけっこさんレシピで酵母パン焼いたよ。いいね~。この味、食感いいよいいよ。ありがとう。気にいりました^^。

焼いてくれたの?わぁ~うれしいわぁ。私は山食をウマくやけないので、このパンで食パンの代用としているようなところがあります。
ほんとはちゃんと山食を焼けるようになりたいんですけどネ。
  • from こけっこ :
  • 2010/04/26 (19:55)

これもありがち

こけっこ様
これもありがちですよね。見た目は焦げ気味だけど
食べるとなかなかおいしいってこと、よくあるんです。
私もチーズ入りのパンはそうです。いつもより塩分多いから
焦げやすい(規定時間より早めに切り上げてますが)。
でも味はおいしいんです。

でもお店とかの場合、両方要求されて大変ですよね。
いくらおいしくても見た目悪かったら買ってもらえないし…。

元気になりつつあるようで安心しました。
体力つけてなおいっそう頑張ってくださいね。
  • from Rooly :
  • URL :
  • 2010/04/26 (16:56) :
  • Edit :
  • Res

Re:これもありがち

>これもありがちですよね。見た目は焦げ気味だけど
>食べるとなかなかおいしいってこと、よくあるんです。

わかってくださいます!?そうなのです!でも、オーブンではそれがイマイチわかりませんでした。オーブンで焦げる直前まで焼きこんでもおいしいのですが、この鍋焼きの方が数段上かも。

>私もチーズ入りのパンはそうです。いつもより塩分多いから
>焦げやすい(規定時間より早めに切り上げてますが)。

へぇ~そうなんですね。私はあまりチーズを使ったことがないのですが、Roolyさんは生地にころころのチーズを混ぜ込んでいるのかな?それとも、細かいパルメザンチーズみたいなのを生地に練りこんでいるのかな?

>でもお店とかの場合、両方要求されて大変ですよね。
>いくらおいしくても見た目悪かったら買ってもらえないし…。

そのようですよね。パン屋さんってすごいわぁ。

>元気になりつつあるようで安心しました。
>体力つけてなおいっそう頑張ってくださいね。

今日、さらに2週間欠勤を主治医に言い渡されてしまいました。しょぼ~~ん。でも、がんばって?休みます。
  • from こけっこ :
  • 2010/04/26 (19:59)

こけっこのお気に入り










ブログ中に頻繁に出てくる「NS種」というのは、上記にあるナンシー・シルバートン著パンの呼吸が聞こえる で紹介されている発酵種のことです。
この本、中古しかないみたい。残念だなぁ。


ブログ内検索

最新コメント

いつもコメントありがとうございます。 鉛筆の印がついているものには、お返事をさしあげています。
[03/01 P]
[02/21 P]
[02/14 P]
[02/08 P]
[02/01 Rooly]

プロフィール

HN:
こけっこ
性別:
女性
趣味:
パンを焼くこと
自己紹介:
自家製酵母やイーストを使ってパンを焼くのが好き。



バーコード

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
Copyright ©  -- ありがとうのパン 2 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]