忍者ブログ
Admin / Write / Res
パンを焼くのが趣味です。スイーツを焼くのも好き。とにかく膨らむものが好きです。
[721]  [720]  [719]  [718]  [717]  [716]  [715
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

素敵なカップをいただきました~☆

エレガントな感じでしょ。
プレゼントしてくださった皆様、ありがとうございます。

さっそく、いつものカフェラテを淹れました。

容量がちょうどよいですね。

ピントがカップの内側に合ってるのですが、
ほんとはもう少し手前もよく見えるように撮影したいなぁ。
明るい日の下で撮影するとよいだろうと思います。





今日はかりんを夕方病院に連れていきました。

病状は進んでるけど、
その中での最善を見つけてあげたい。

帰宅後、リビングを少しうろうろするかりん。

角度のせいでふっくら見えるけど、
ほんとはかなり痩せてしまいました。

でも、なぜか貧血状態が改善していたりと、
かりんもどういうわけか頑張ってくれています。

医者が言うには、「かりんは辛い状況でも辛さをあらわさない子で、
辛くてもケロリとしている」とのこと。
だから、こっちが辛さを察知する前に、病院に連れて行った方がいいのでしょう。

よい餌の与え方も、あれこれ試しながら、
その時の最善を見つけなければ。

この頃は、暖房機の前に置いたおうちの中で寝ています。
ちょこっと出てきて私が座っているソファーのところにきたので、
おいでよ~と手を差し伸べたら、
プイと向こうに行ってしまいました。
ちょっとさびしくて、かりんが入ったおうちからかりんを出して
ソファに座り、膝の上に乗せてなでなでしました。

でも、しばらくすると、かりんはおうちの中に入っちゃった。

かりんが一番快適に感じるところがおうちの中なら、
それでいいと思います。
でも、ときどきはだっことかしたいなぁ。



PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret(管理人のみ表示)
無題
ほ~んとエレガントなカップですね♪
選んだ方のセンス 素敵です。
かりんちゃんの具合が悪い中、気持ちが沈みがちでしょうけど、このカップでカフェラテを飲み、ほっこりされてると良いなぁ。

> 「かりんは辛い状況でも辛さをあらわさない子で、
辛くてもケロリとしている

かりんちゃん強い!なんちゅー精神力。
人間でもなかなかそうは出来ないと思います。
そして病気が進行する中 貧血状態が改善するとは、これまたその生命力に吃驚です。
治療食の効果があると良いですね。
2016/02/14(Sun)12:28 編集
Re:無題
>ほ~んとエレガントなカップですね♪

自分では選ばないかも。でも、プレゼントされるとうれしいかも♪

>かりんちゃん強い!なんちゅー精神力。

なんなんだろうねぇ。
辛さを感じない子なのだろうか?
猫なのに我慢強いのだろうか??

>貧血状態が改善するとは、これまたその生命力に吃驚です。

ほんとに、驚きました。
お医者さんも私も、貧血が進んでいるだろうと思って
検査したのにね。
一時的なものだと思うけど、ちょっとうれしいです。
こけっこ   2016/02/14(Sun)20:16
こけっこのお気に入り

触れると揺らめきます





40歳は、惑う。
脳と心の交差点
こういちろうの雑記帳
kyupinの日記





ブログ中に頻繁に出てくる「NS種」というのは、上記にあるナンシー・シルバートン著パンの呼吸が聞こえる で紹介されている発酵種のことです。
この本、中古しかないみたい。残念だなぁ。


ブログ内検索
最新コメント
いつもコメントありがとうございます。 鉛筆の印がついているものには、お返事をさしあげています。
[03/01 P]
[02/21 P]
[02/14 P]
[02/08 P]
[02/01 Rooly]
プロフィール
HN:
こけっこ
性別:
女性
趣味:
パンを焼くこと
自己紹介:
自家製酵母やイーストを使ってパンを焼くのが好き。



バーコード
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
Copyright ©   ありがとうのパン 2 All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  *Photo by Kun  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]