忍者ブログ

ありがとうのパン 2

パンを焼くのが趣味です。スイーツを焼くのも好き。とにかく膨らむものが好きです。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

雑穀カンパーニュ@イースト

クリスマス、です。
日本ではそうメジャーな話じゃないかもしれないけど、世界中で、イエス・キリストの誕生を祝う礼拝が行われたはず。わたしんとこはちっちゃい教会ですが、もちろんありました。
礼拝に集った一人一人に、今年もいろんなことがりました。
私も今年はいろいろでした。

私のいろいろを持ち出すまでもなく、世の中は、今日読まれた聖書箇所のごとくに、ひどいものです。

「地を見ると、見よ、苦難とやみ、苦悩の暗やみ、暗黒、追放された者。」

その只中に、貧しい姿で来られた方、それがキリストだそうな。

うれしいことがあった方も、おめでたい出来事があった方も、私のような、こけっぱなしな一年だった者も、一緒に祝うのがクリスマス。
一人一人が家族として、痛みやよろこびを分かち合うのが教会です。私が分かち合ったのは痛みばかりでした。
いや、そうすなおに分かち合えたわけではなかったです。それもまた問題でした。

私のようなものも一緒に家族にしてくれるところ。それが教会です。

上記の聖書箇所の続きに、こうあります。
「しかし、苦しみのあった所に、やみがなくなる。
 ・・・やみの中を歩んでいた民は、大きな光を見た。」イザヤ書8:22
この光こそ、キリストそのものだと私は思います。
私の苦悩や闇が、いつの日かかわることがあるのか。
というより、この世のあらゆる悲惨が、どうなるのか。

一条の光が、あるかもしれません。


さて、久しぶりに焼いたのは雑穀カンパーニュ。お友だちのところに嫁に出したくて、ずっとNS種を作ってましたが、どうしてもできないので、青サフ・キタノカオリで作りました。

P1070256.JPGなんか、すっごい姿だね!?
360℃、周りにぐるっと割れ目が入り、特に左側のはでかくて。
もちろん、クープ入れたわけじゃないんです。
一体どうなってるんでしょね!?



PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

こけっこのお気に入り










ブログ中に頻繁に出てくる「NS種」というのは、上記にあるナンシー・シルバートン著パンの呼吸が聞こえる で紹介されている発酵種のことです。
この本、中古しかないみたい。残念だなぁ。


ブログ内検索

最新コメント

いつもコメントありがとうございます。 鉛筆の印がついているものには、お返事をさしあげています。
[03/01 P]
[02/21 P]
[02/14 P]
[02/08 P]
[02/01 Rooly]

プロフィール

HN:
こけっこ
性別:
女性
趣味:
パンを焼くこと
自己紹介:
自家製酵母やイーストを使ってパンを焼くのが好き。



バーコード

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
Copyright ©  -- ありがとうのパン 2 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]