忍者ブログ
Admin / Write / Res
パンを焼くのが趣味です。スイーツを焼くのも好き。とにかく膨らむものが好きです。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日も3時過ぎに目が覚めちゃった。
どうして休日はこうなっちゃうのかなぁ。

今週は病院ウイークでした。

精神科:ま、こんなもんでしょ、という感じ
内分泌科:だいだいよいんでないか、という感じ
整形外科:ひざが痛むのだが、原因は腱の炎症。骨に良性の腫瘍がある(あら知らなかったワ)けど痛みとは関係ない
先週は眼科にも行きましたが、はい、ダイジョブ、という感じでしたな。
今日は婦人科にも行きました。薬もらって、はい、おしまい。
医療費がかさむ日々ですが、薬飲んでれば大丈夫的レベルなのでよしとします。

今日はとてもよいお天気です。
市内でも早咲きのソメイヨシノが咲いています。
我が家では、カタクリがつぼみを膨らませています。

カタクリの花、大好きなんだ~。
花にピントがあってないけど、こんな感じです。


パンはいつものパンで、ライフレークを入れて焼いたものです。
ハルユタカブレンド 470g
水 300g
砂糖 10g
サフ 3g弱って感じ
塩 7g
マーガリン 20g
ライフレーク 100g

手前のはよく開き、奥のは開かなかった。
同時に焼いたんだけど、なんだっつ~のかな。
ま、味は同じで、いつも通りという感じ。
体もパンも普通。
普通とはありがたいものだ。




PR
今日は休み。

ゆうべはいい感じで眠っていたのに、今朝、4時過ぎにかりんに起こされて、あとは眠れませんでした。

う”~む。



かりんは御年とって17歳の猫です。


暗いせいか、うまく撮影できないや。

かりんは河原で拾った捨て猫でしたが、私にとっては宝ものです。

ピンボケなのに、カワイイな☆

朝うるさいけど、メンこいな☆☆

年寄り猫だけど、我が家で薬を飲んでいないのはかりんだけです。

我が家では一番健康です。

かりん、いつまでも元気でね。




さて、午後からほるんさん&くらりねっとちゃん母娘が我が家に遊びに来てくれました。くらりねっとちゃんは高校生で、小学生の時から私の愛弟子でしたが、今はヘボ師匠をとうに超えてしまいました。

らりねっとちゃんは月賦でゲットしたというネオHBを持参して、我が家を訪れてくれました。

私にとっては、お友だちを家にお招きするのって、久しぶりです。どっか具合悪かったりして、なかなかお客様をお招きする余裕がなかったんだなぁ。

何か一緒に焼こうよ!とお誘いしてたら、お二人はこれを作りたいとリクエストしてくださいました。へぇ~塩麹をパンに入れるの!?おもしろそ~。

おしゃべりしながら、くらりねっとちゃんのHBでコネコネ。私は通常エイドでこねているので、この機会にHBのコネを観察できて、よかったです。あくまでも、今回のレシピの場合ですけど、HBのコネコース?を2回するとちょうどよいコネ具合になると思いました。なかなか興味深い結果だと思いません?あるいは、2.5回ぐらいでもよかったかな~と、今思っています。

また、HBでこねると、生地温度が下がりにくいので、冬場なんかには私もHBを活用したいなぁと思いました。

あとはこたつで発酵。レシピ通り、1次発酵ではパンチなしで進めました。

焼きあがったのはこちらです。



腰高でぷっくりと。かわいい~

 

断面♪



ふんわりちゃんです。

かすかに、チーズに似た、塩麹っぽい香りがしてます。おいしいね☆

 

このパンもおいしかったけど、すっごいカンド~したのが、おみやげとくらりねっとちゃんが持ってきてくれた、これ。



くらりねっとちゃん作、猫のニクキュウクッキーです!

手を型で抜いたあと、肉球部分の生地を型で抜いて、手にはめ込んだのだそうです。すごいワザ!!

本物の肉球のように、ぷっくりと膨れているところがなんともかわいい(*^。^*)

生地は、くらりねっとちゃんのオリジナル。ココアが効いてておいしいのくらりねっとちゃんは、オレオクッキーをイメージしてココアを配合しているとのこと。

それに、適度な歯ごたえがあってとってもおいしい!

すごいねぇ。

かりんの肉球をクッキーと一緒に撮影したいのだけど・・・

かりんが暴れてうまく撮れませ~ん。



をい、かりん、明日の朝はゆっくり寝かせてくれヨ。







今年度もまもなく終わり。今は年度末の事務作業などが主な仕事です。
とはいえ、週末は休み。
やっぱり4時には目が覚めてしまいました。
眠れるかもと思って布団の中で耐えたんだけど、7時前にあきらめて起床。
ごみ出してぇ、朝ドラみてぇ、パン作ってぇ、という休日です。

先日焼いた酵母から考えるパンづくり
のリュスが、思ったよりも好評だったので、また焼いてみることにしました。
今回はハルユタカブレンド300gにライフレーク50gをお湯でふやかしたものを混ぜ込みました。
レシピとは全然違う捏ね上げ温度で、確か26℃とかだったと思います。その後全部室温で発酵。

いや~すっごく扱いにくい。水分量は前のと同じで80%ぐらいなんだけど、ライフレークがグルテンのつながりを切ってしまうのか、打ち粉を真冬の雪のように大量に使ってもとても大変。レシピの工程に、生地を2回ひっくり返すというのがあって、1回目はこんじょ~で返したけど、2回目はもう生地が崩壊しそうであきらめました。

へんな形。



でも、焼き色は前よりよい。
クラストも硬すぎない。



ライフレークが持っている水分のおかげもあってか、みずみずしい感じです。
ダンナもウマいと言っていました(*^^)v

ライフレーク入りのリュス、リピートしそうです。

ところで、今日は初めてグーグルクロームでブログをアップしようとしています。
うまくいくかな?







だいぶ暖かくなり、根雪もかなり溶けました。
日が長くなったし。
私は長くて分厚いオーバーコートをやめて、薄手のコートを使い始めています。



2週間ぶりにパンを焼きました。
いつものレシピですが、作り始めたのが午後2時ごろだったので、私としてはイーストを多めに入れました。
ハルユタカブレンド 470g
水 300g
砂糖 10g
金サフ 3g弱
塩 7g強
バター 30g


このぐらいのイーストの量にすると、やはりイーストのにおいがしますね。
でも細かいことは気にしないっと。



あご外れ系な焼き上がりです。
 
明日の教会のランチはご飯メニューなので、このパンは私が食べます☆
 ってことで、焼き立てをぱくり!


あまりの食感の良さに、イーストのにおいも忘れて、むしゃむしゃ食べちゃった。

ギネスビスケットで残った黒ビールの使い道はないかな~と思い、探してみました。
大好きなパンの呼吸が聞こえるに、シードルを使ったパンが載ってて、とてもおいしかったから、黒ビールも使えるんじゃ?と思ってね。
そしたら、ビールパンなるレシピを試してみました。黒ビールを使うんです。
ショートニングがないのでオリーブオイル入れたった。
コネは暖房を入れていない部屋に置いてあるHBで。捏ね上げ温度20℃。低めだけど、冷たいビールを使った割にはいい感じ。HBはこねの時からヒーターが自動で働いてくれるのでしょう。なんていい子なんでしょう。



リンク先のパン画像とは似ても似つかないごろろんたパンにしちゃいました。
この方が、クラムが多くてお年寄りも食べられるっしょ。


味は・・・、ライ麦と黒ビールを組み合わせるとこうなるのか・・・的感じ。
あ~説明下手ですね^^;
こういうのもアリか~みたいな感じ。
ちょい変わったライ麦パンってところかなぁ。
私的には「パンの呼吸が聞こえる」のシードルパンの方が好きだな~。




ところで、先日アップしたビスケットが載ってるがちまい家のオーガニックな焼き菓子には巻末に簡単な体操が載っています。あまり興味なかったのだけど、ちょっと試しにやってみたら、冷えた体が温まってなかなかよいんです。それにとっても手軽。
本を持っている方がおられましたら、この体操もぜひお試しあれ~。














こけっこのお気に入り

触れると揺らめきます





40歳は、惑う。
脳と心の交差点
こういちろうの雑記帳
kyupinの日記





ブログ中に頻繁に出てくる「NS種」というのは、上記にあるナンシー・シルバートン著パンの呼吸が聞こえる で紹介されている発酵種のことです。
この本、中古しかないみたい。残念だなぁ。


ブログ内検索
最新コメント
いつもコメントありがとうございます。 鉛筆の印がついているものには、お返事をさしあげています。
[03/01 P]
[02/21 P]
[02/14 P]
[02/08 P]
[02/01 Rooly]
プロフィール
HN:
こけっこ
性別:
女性
趣味:
パンを焼くこと
自己紹介:
自家製酵母やイーストを使ってパンを焼くのが好き。



バーコード
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Copyright ©   ありがとうのパン 2 All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  *Photo by Kun  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]