忍者ブログ

ありがとうのパン 2

パンを焼くのが趣味です。スイーツを焼くのも好き。とにかく膨らむものが好きです。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コーングリッツでスコーン

Image064.jpgかりん~~

だいちゅき。
私がこたつに座ってると、いつも膝の上に乗ってます。老猫ですが、元気でいてくれてます。私よりよっぽど健康なのでは。











さて、私はGABANのコーングリッツを買って使ってますが、袋にスコーンの作りかたが載ってました。
んで、作ってみたんですけども。

P1110122.JPG第1作が、こちら。
なんか、へんなの。生地がみょ~に硬くて、水で戻したレーズンの方が柔らかいから、混ぜにくいの何の。
それに、BP入れているのに全然膨らんでない。スコーンとはいえない物体。
でも、なにやら好きな感じもあります。コーンの自然な甘さと、歯ごたえあってパリッとした感じ。

でもさ、きっと私は何か配合を間違えたに違いない、と思ったんです。
で、よ~~~く作っていたときの記憶をたどってみると、どうやら砂糖を入れ忘れたらしいと気付きました。
でも、コーングリッツのおかげで、どっか甘いんだね。



さて、今度はちゃんと砂糖を入れて作ってみました。
それが、これです。
P1110148.JPGはい、それなりに膨らみました。
これなら、スコーンだな、と思いました。
フツーのと違って、コーングリッツのぷつぷつ感があって、面白いですよ。

ちなみに、砂糖ヌキバージョン・入れバージョンとも、無水鍋で焼いてます。だいぶうすく伸ばしてそれを包丁で切ったやつを予熱した鍋に並べて適当に焼きました。途中ひっくり返してみたりとか。

山形も桜が咲きました。
週末終わって、今日からまた仕事です。
以前は、日曜日の夜って、「あ~明日からしごとだ~~休み終わっちゃったよ~~」とか思ったもんですが、今はちょっと違います。
仕事に行けることのありがたみがわかったっていうかね。

去年の今頃、しばらく仕事休んでました。あのときの辛さったらなかったです。
病気の辛さもあるし、ヒマで死にそうだし、自分はどうして生きてるの!?っていう思いでいっぱいだったかも。
秋ごろも症状がひどいことがありましたが、あのときは、必死で仕事して、あとはただ寝ているしかなかったです。
で、寝ながら、ただ、時間よ、過ぎろ、過ぎろ、と、そればかり思ってました。時計の針がカチカチ言う音だけを聞いて、時の流れを感じるのが精一杯で。

そんなとき、FEBCのインターネットラジオにはずいぶん世話になりました。
症状の中に、わけのわからないざわざわ不安感があって、私ってここで寝てるしかなくて、これでいいんか?みたいな。私自身の存在の不安みたいなものがど~~っと押し寄せてくると言うか。不安の海でおぼれそうっていうか。
病気のせいでそう感じているだけなんだけど、病気だから自分で理性的に考えてもほとんど助けにもならなくてさ。
だけど、寝たままFEBC聴いて、「そうだ、私を造ったのは神さまなんであって、私の存在の責任は神さまにあるんであって、だから私はここにいていいんだ、な。そうだ、な。」と、何度も何度も確認して。そうやって、やり過ごしていた日々がありました。

今は、そこまでひどい不安感に襲われることはまずなくなったけど。でもFEBCは聴くよ。

朝起きるのが辛いですけどね。今日もヤバかった~
明日からは肉体労働も増えるはずですが、耐えていけるように、体調整えて臨みます。
PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

無題

粉はコーングリッツのみのスコーンなんですか?
ちょっと興味あり♪♪
  • from nikko :
  • 2011/04/25 (21:24) :
  • Edit :
  • Res

Re:無題

>粉はコーングリッツのみのスコーンなんですか?

小麦粉を混ぜてます。小麦粉の方が多いです。コーングリッツの割合を増やしたら、どうなるのかな~。その場合は、コーンフラワーの方がいいかなぁ。いろいろ想像して楽しんでます。
  • from こけっこ :
  • 2011/04/28 (21:57)

変わりスコーン

こけっこ様
コーングリッツのスコーン、イングリッシュ
マフィンがヒント? 独特の甘みがおいしいですよね。
変わりスコーンと思いましょう。砂糖なしも
ありもおいしそうです。

かりんちゃんも元気そうでよかった。
これからもかわいがってあげてくださいね。
教会のイースター、どうでした?
  • from Rooly :
  • URL :
  • 2011/04/26 (10:03) :
  • Edit :
  • Res

Re:変わりスコーン

>コーングリッツのスコーン、イングリッシュ
>マフィンがヒント?

そういえば、近いかもですよね。
もともとはコーングリッツの袋に書いてあったから試したってだけですが、鍋で焼いちゃえってのは、マフィンから連想したかも。

>かりんちゃんも元気そうでよかった。
>これからもかわいがってあげてくださいね。

はい。今も膝の上に乗ってます。重いです^^;

>教会のイースター、どうでした?

子どもたちはエッグハンティングを楽しみ、大人は礼拝で復活のメッセージを聞き、心新たにされたところです。
  • from こけっこ :
  • 2011/04/28 (21:59)

こけっこのお気に入り










ブログ中に頻繁に出てくる「NS種」というのは、上記にあるナンシー・シルバートン著パンの呼吸が聞こえる で紹介されている発酵種のことです。
この本、中古しかないみたい。残念だなぁ。


ブログ内検索

最新コメント

いつもコメントありがとうございます。 鉛筆の印がついているものには、お返事をさしあげています。
[03/01 P]
[02/21 P]
[02/14 P]
[02/08 P]
[02/01 Rooly]

プロフィール

HN:
こけっこ
性別:
女性
趣味:
パンを焼くこと
自己紹介:
自家製酵母やイーストを使ってパンを焼くのが好き。



バーコード

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Copyright ©  -- ありがとうのパン 2 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]